今野がチチ松村

数年前までは一般常識として、看護師イコール女性の職業でしたが、近頃では少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。女性と年収に関しては同じですが、子供を産み育てるために仕事を長期休まなくてはならなくなるようなことがなく、より多くの経験を積むことが出来ます。昨今、ますます看護師は不足気味です。看護師の免許を持っていても、現在は看護師として勤務していないという方も多いです。看護師不足が起こる原因は看護師の離職率が高いということが大きいと思います。離職率がどのくらいかというと、常勤看護師で11%以上です。女性の割合が多い仕事なので、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。知人が看護師として働いていたのですが、病気になってしまって、その療養のために看護師を辞めました。しかし、完治させた後は、すぐに現場に戻り、医療施設で看護師として今も元気に働いています。多少のブランクでも、資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。看護師は比較的高給のイメージがあります。もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど辛いことも多いですが、給料で見れば平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師を選ばない理由はないでしょう。一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。会社によって給料が変わるもので、その点は看護師にも同じことが言えます。総合病院と町医者とでは収入は違ったものになるでしょう。こういった事を考えても、平均的な看護師の年収には、大幅な違いがある事を知っておきましょう。日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、医療従事者として手助けしたいという考えを持った看護師の方が増えています。実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、看護師は常に求められているのです。当たり前の事ですが、海外では患者との円滑なコミュニケーションのために英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、きちんと英語を学んでおくべきです。一般的に、看護師の中には煙草を嗜む人がそれほど多くないという印象を受けますよね。実際には印象通り、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識している人が多い状況だと見て取れます。受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として大学と専門学校という二つがあります。大学の特色は何かというとその時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、より幅広く知識を修得できるということでしょう。そして、専門学校の場合は、実習など現場に即した内容が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。そして、必要とされる学費については大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。世間的に、看護師は収入面で安定している仕事だと認識されておりもし、ローンを組もうとすることがあったとしても、大体の場合、スムーズに審査を通ります。ただ、看護師であっても、非常勤で働いていて収入が不安定だという時には注意する必要も出てくるでしょう。ローンを組む際に、スムーズに行くことが多いのは正職員という形で勤務中の看護師のように、安定している場合なので、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。一般的に見ると大変だと思われる看護師ですが、労働基準法で定められている8時間程度の勤務でいいケースというのは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、合間で休憩はあるのですが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。こういった長時間労働の現実も看護師として勤務することが大変だと思われる一因だと思います。夜勤でどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみという条件で転職するのも間違いではありません。でも、注意しておかなくてはならない点として、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働く看護師と比べて給料の額が減ってしまうことが多いようです。将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも転職をするかどうか、よく考えることをおすすめします。多くの看護師が持つ悩みといったら、3交代制などの不規則な勤務形態ですよね。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日にデートできなかったり友達とも簡単に会えないなどのケースが多いようです。他にも、看護師が不足している職場においては、簡単に休みが取れないという問題もあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤だけの勤務が可能な職場に勤めるなど、転職を視野に入れて行動するのもおススメします。現在わが国では、インドネシアやフィリピン、ベトナムとの間で結ばれたEPA(経済連携協定)に則って、外国人看護師候補生の受け入れを行っています。しかしながら、日本語を使った看護師国家試験に仮に、3年かかっても不合格だった時には、自国に帰らなければならないのです。働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、あわせて、国家試験対策をしなければならず、とても大変だというのが現状です。転職活動を行う時には、看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、その際、注意点があります。注意すべきこと、それは履歴書の項目の中でも特に大事な志望動機をいかに書くかです。具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、研鑽に励みたいという理由や過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったようなやる気に満ちたような内容がいいと思います。昔の話ですが、かつての看護師といったら大多数が女性でした。ですが、ここ最近の傾向としてどこでも看護師の名称が使われ、男女共に働く職業となってきました。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。女性的な優しさも大切ですが、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、これからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。多くの看護師は、病気を患っている患者やその家族と関わることが多いので、印象の良いヘアスタイルにも注意しておきましょう。自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことが良いと思います。とはいえ、職場の環境や方針次第では、ルールがそれぞれ異なるケースがあると覚えておいた方が良いと思います。近年、相次ぐ病院の統廃合によって医師不足や看護師不足への対応が急務となっています。日勤に夜勤にとイレギュラーな勤務をしながら急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師がとても大変な思いをしているという現実があります。男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、今のところはまだ女性の仕事という状態なので、どうしてもストレスが溜まりやすかったり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は納得できる話でしょう。資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、つまるところ、もしも離職している期間があっても、再度、看護師として雇ってもらえるということでしょう。なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と現場の人手不足の問題が根拠として挙げられます。どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば極端に言えば50代だったとしても、復職が可能です。看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に看護師たちを指導教育したり、上司にあたる看護部長をサポートするなどが主な仕事で、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。普通に課長職といっても、その年収がそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。または、公立と民間、地域によっても差があって、ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、おおよそ750万円前後だとみられます。病院には多くの科が設置されていますが、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術やケアなど、看護の方法が違います。ローテーション研修は、看護師にとって一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、多くの事を学べる機会です。将来を考えるキッカケになりますから、新人看護師の前向きな気持ちも上げられると言われています。国家資格を有した正看になるためには、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが必須になります。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。定員が少なく倍率が高いため、こうした専門学校に合格するための予備校も人気があるのです。いま准看護師として働いているけれど、今後のために正看護師の資格が欲しいという人は、通信教育課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。基本的に定休制の会社員とは異なり、看護師の休みは働いている職場で違うのです。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、先にシフトが組まれていますので、出勤や休日がカレンダー通りではないこともよくあります。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、別名「白衣の天使」ということからも往々にして、好印象を持つ人が大半でしょう。とは言え、看護師の勤務の実情に着目してみれば、給料としてはまあまあもらえてはいるようですが、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている看護師というのも少なからず存在しているのです。たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、本質的に看護師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。全国的に看護師が不足している現状は十分な医療を提供できないという意味では社会問題と言えます。その原因として代表的なものは、過酷な労働環境があります。法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため看護師一人にかかる仕事量が増加し、勤務時間も長くなってしまい、休みも簡単には取れません。あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、退職する人もいます。新卒、もしくは、既卒の方が看護師の働き口を探してみても見つからず、上手くいかない場合は、ご自身の年齢に原因があるのかもしれません。求人サイトなどには表面上年齢について書いていない場合も、実際には病院側が採用の年齢を設定しているケースがあるのです。特に未経験で30歳以上の方が条件の良い働き口を見付けるには、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。看護師は良い給料をもらってはいますが、詳しく見てみるとどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、稼ぎが多くなるという現実があります。ですから良い給料で看護師をしたいというのなら勤務時間帯を重視し、日勤だけのところを避け、夜勤で働けるところにしましょう。夜勤の有無によってかなり手取りが左右されます。交代勤務を代表にハードな仕事を強いられる看護師でも、特別に気を配る必要がある仕事が、申し送りです。受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、きちんと交代する看護師に伝え、スムーズに看護業務を行えるようにしなくてはなりません。簡単に済んでしまうようなケースも多いとはいうものの、医療的に重要な処置等に関しての申し送りはしっかりと申し送りする必要があります。一般的に、看護師は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤を避けられない職業の一つです。具体的な時間帯ですが、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。3交代勤務での夜勤となると、休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。就職先として考えている病院がどのような勤務形態なのか理解しておいてください。看護師が働ける場所というのは病院以外にもあります。それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでも特に看護師は重宝されているのです。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、基本的に認知症の方ばかりなので、気を付けて接する必要があります。特に介護関連に興味があるという場合は、グループホームへ勤務することもいいのではないでしょうか。病院で看護師としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子供がいる看護師にしてみれば大きな不安要素となり得ます。ある程度の年齢までなら24時間保育を行っている保育所の利用や病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。ですので、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方も多数存在するようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です