仲谷の田崎

多くの方が利用されている歯科矯正。器具を付けてから、無事に矯正が終わって器具を取り外すまでには、患者さん一人一人によって変わりますが、大体、1年半から3年の時間が必ずかかるものです。ここは完全に人によりけりですから、もっと早く終わる人もいれば、これより時間がかかることもあるのです。いずれにせよ、歯並びを気にしている方は、少しでも早くクリニックに掛かるのがいいでしょう。近頃はホワイトニングがますます人気を高めているようです。歯の黄ばみなどを落とし、白い歯を実現できるのが特に若い女性にとっては魅力的なのでしょう。とはいえ、人によっては、なかなか白くならないという場合もあります。どこまで白くするかの調整が困難だというのも、難点と言えるでしょう。歯は美人を作る一番のポイントとも言われますので、審美歯科などで専門医にかかり、しっかりと希望を伝えることが何より大事です。色の他に歯並びも気になるという人は、同時に歯科矯正を受けることもできます。ヘビースモーカーであるために黄ばみの取れない歯でお悩みの人には、ホワイトニングが一つの救いになるでしょう。僅かな期間で歯を白くするためには、ぴったりの方法と言うことができます。喫煙の他、薬の服用などによっても歯の色が変色することがありますが、ホワイトニングを利用すれば、歯を傷めずに白くすることができるのです。歯並びだけを気にして、歯科矯正を受けたとしても、歯自体が真っ白になっていなければ綺麗な口元とは言えないでしょう。ホワイトニングにも複数の種類があります。歯科で処置してもらうオフィスホワイトニングに対して、ホームホワイトニングという、自宅用の機材を使って行えるタイプもあります。しかし、十分な時間を確保できない場合などでは、期待したほど白くならずに残念な結果に終わってしまうことも考えられます。ちなみに、歯並びの矯正中は並行してホワイトニングを行うことは無理だと思われていることも多いようですが、歯の状況などによっては、方法を工夫すればこの両方を同時に進めることも可能です。歯科矯正は、歯の表面にワイヤーを付けるという印象がありますが、歯の表と裏、いずれにでも器具を取り付けることが可能です。裏に付けるタイプの場合、見た目が不細工にならない利点がある一方で、表側からの矯正よりも医療費は高くなり、また治療を行える歯科医師が少ない点はデメリットとして考慮しなければなりません。これに対し、表側に矯正器具を付ける場合、周りに目立ってしまうのが難点ですが、今はブラケットも昔ほどゴテゴテしておらず、透明のものもあるので、あまり目立たないタイプのブラケットを装着してもらう人が多いようです。基本的には便利なホワイトニングですが、その失敗例としては、時間をかけてもあまり白くならない場合や、一部だけが白くなってムラができてしまうケースもあります。口内の状況によってはホワイトニングの効果が出にくいなど、要因もまた色々です。しかし、その場合でも、時間をかけて何度も繰り返し施術していけば対応は可能なことが多いです。歯並びを直す歯科矯正と同じように、歯が白く染まるかどうかにも人によって差が出るということです。最近は技術が進んできた歯科矯正ですが、その原理を見てみましょう。歯にブラケットという器具を取り付けて力を掛け、ゆっくり時間をかけて歯を動かしていき、本来の位置に持って行って、噛み合わせや歯並びを調整します。年配の方には、盆栽の針金かけと言えば通じるかもしれません。矯正の際に使用する器具は、マルチブラケットというタイプが最も多く用いられています。半年から数年間に及ぶ矯正期間が終わった後は、矯正と同じくらいの期間、リテーナー(保定装置)を付ける必要があります。歯列矯正を行っている最中には、食べてはいけないものがあります。歯に力がかかる堅い食べ物などは、やめておいた方がいいです。煎餅やビスケットなど、それに固い肉などは、歯に大きな力がかかってしまうので、食べるべきではありません。また、餅やキャラメルなども歯にくっついて、歯が動いて矯正に影響が出るため、食べるのを控えるように多くの場合は言われているようです。歯並びを正しく整えるのに用いられる歯列矯正とは、専用の器具を歯に装着して力を加え、少しずつ正しい位置へと導いていくものです。もちろん治療ですから、無理のない範囲で行っているのですが、日々器具を付けていることによる違和感や、歯に力がかかる痛みに悩まされる方も多いです。慣れればどうということはありませんが、いつまで経っても痛い場合は、そのまま耐えていないで歯科医師に訴え、必要な処置をしてもらいましょう。気になる歯の黄ばみを簡単に落とすことができる、ホワイトニング用消しゴムというものをドラッグストアで見つけました。消しゴムの使用は1週間に一度くらいに留めるようにとドラッグストアの店員さんにも言われましたが、簡単に歯が白くなるとあって、二日に一度は使っていました。一度表面を削って、歯の表面組織が再生する前にまた使ってしまうと、表面のエナメル質まで傷つけてしまってよくないことが落とし穴であると後から知りました。私は少し前に歯科矯正を受けたばかりで、歯に負担をかけていたことも、歯にダメージを与える一因になったのかもしれません。歯並びの矯正において悩みの種になるのが、日々の食事後のケアや、運動時の振舞いなどです。飲食物がワイヤーやブラケットの隙間に挟まり、食後の歯磨きなどのケアが求められます。さらに、運動時など力を入れる際には、奥歯をぐっと噛み締めることが多く、ワイヤーやブラケットが干渉して、口の粘膜を傷付けることや、ワイヤーでの固定以上の力で歯を別方向に動かしてしまうことにもなります。あらかじめ担当医に聞いておくべきでしょう。私は食事の度に歯ブラシで歯を磨かなければ気が済まず、歯磨きの時間は毎回5分を下りません。それだけ磨かなければ綺麗になった気がしなくて、外食の際など特に不便を感じてしまうのです。しかし、つい最近、外食の際にはマウスウォッシュを歯磨きのかわりに使うようになり、便利になりました。いずれにせよ、歯のホワイトニングは必ずしておくべきだと思います。周りの人への配慮ができてこそ大人ですよね。好印象の口元にするためには、ホワイトニングの他に、できれば歯科矯正も併せて受けるといいと思います。歯を綺麗にするホワイトニング。その種類としては、歯科で全ての施術をしてもらうオフィスホワイトニングと、マウスピースと専用の薬剤の処方を歯科で受け、実際の処置は自宅で自分で行っていく、ホームホワイトニングがあります。また、即効性と持続力の双方を求める場合、双方の長所を併せ持つ中間的な手法(デュアルホワイトニング)により、デメリットを補い合うことも可能です。審美歯科という、美容的な治療専門のクリニックでなら、歯並びの矯正と同時に進めることも不可能ではありません。歯科矯正の治療費はまだまだ高額です。では、海外で受ければ国内で受ける場合よりも安くなるかと思うと、そんなことはないというのが結論です。医療の進んだ国といえばアメリカですが、かの国では保険が適用されない場合が多いのです。歯列の矯正はとにかく時間がかかるものです。その間、足しげく歯科医院に通い、経過観察や、器具の調整をしてもらうことになります。そうなると、外国では制度や言葉の問題もありますから、日本国内で治療を受けるのが最も良いでしょう。歯科矯正の方針によってはマウスピースを使う場合もありますよね。マウスピースを使った矯正の利点と言えば、あまり目立たないというところが大きなメリットだと言えます。一目見た時に「矯正している」と分からないのは当然ですが、マウスピースの種類によってはずっと装着する必要が無いものもあるそうです。例えば、自宅にいる時だけや眠りについている間だけつけるというのも可能なものありますから、家族以外には秘密にしたまま口元を整えられます。歯列の矯正をするなら大人より子供の方が向いていますが、とはいえ、幼い内の方が矯正しやすいから、と言われ、よく検討しない内に歯科矯正を決断するのは、成長期の歯に負担をかけて危険な場合もあります。虫歯などの治療で行った歯科医院で勧められることも多いですが、小学生くらいの子供だと、まだ矯正など必要ないという場合もあるのです。矯正を強く勧められたときは、その根拠についてちゃんと説明を受けることで、冷静な判断ができるでしょう。ワイヤーやブラケットを用いた歯列矯正の場合、矯正をしていることが誰の目にも明らかになってしまうという問題が常にありました。しかし、今では、マウスピースを装着して矯正していくことができるので、矯正していることを周囲に悟られない施術が現実のもとのなったのです。ワイヤーと違って取り外しも自由自在ですから、衛生面でも申し分なく、これからはワイヤーに代わって主流になると考えられています。口元がきれいだと魅力的ですし第一印象も良いですよね。ですから、生涯の歯並びを考えるなら、幼い時から矯正で口元を整えるのが良いでしょう。まだ乳歯の段階であらかじめ矯正をしておけば、しばらくして永久歯が生えてきたときに素敵な口元をつくれるという訳です。整った歯列は歯磨きも楽ですから、自分の歯を長く大事にするためにも子どもにの歯科矯正を受けさせたい方は、早めに決断した方が良いでしょう。歯を綺麗にする施術としては、ホワイトニングやクリーニングが知られていますが、綺麗な白い歯がほしいという美容目的で主に受けるのがホワイトニングです。歯は食事や喫煙などで日々黄ばんでくるものですが、簡単な施術で白さを取り戻すことができるのがホワイトニングです。対して歯のクリーニングというのは、歯間に詰まった汚れを綺麗にするものですから、れっきとした医療目的の行為です。ちなみに、綺麗な歯の見た目を実現するには歯科矯正という手段もありますが、これには上下の歯の噛み合わせがよくなるので、顎の形も改善できるという効果もあり、最近では利用する人が増えています。顎の形などが気になる人は、歯並びが要因であるケースが十分考えられます。上顎前突症(出っ歯)や下顎前突症(受け口)などの症例では、歯列の矯正を行うことにより、顔の形も小さくなるという嬉しい話もあります。矯正を受ければ、食べ物のかみ合わせもよくなりますし、運動や荷物を持つときなど、力が居る際に歯を食いしばることが無理なく行えるようになりますので、日々の苦しみから解放され、自然に笑えるようになりますよ。ホームホワイトニングの器具として、最近は電動歯ブラシに、ホワイトニングの機能がついているタイプが売っています。日々の着色汚れを落とせるというものですが、頻繁に行うと、歯の表面を傷付ける可能性もあるので使い過ぎには注意してください。しかも、ちゃんとしたホワイトニングと比べると効果は薄いですので、あまり期待しすぎることは控えた方がいいでしょう。ちなみに、歯列の矯正を受けるという方も、歯磨きの際の磨き残しには注意することをお勧めします。歯列矯正やホワイトニングは便利な治療ですが、施術開始からどのくらいの期間通院すればいいかというのは、歯科の方針に加え、患者さんの健康状態によっても大きく違ってきます。口内の状態、例えば虫歯の有無などでも治療完了までの回数は変わってきますから、あらかじめチェックしておくといいでしょう。この点については、虫歯や歯周病の治療は普通の歯科にかかり、ホワイトニングなど審美目的の治療については審美歯科を利用するといった方法もあるので、自分に合った通院の仕方を考えましょう。一年ほどの間、ずっとホワイトニングばかりをしてきました。健康な歯といえば、真っ白なものという印象があったからです。ところが逆効果でした。見た目だけ白くしても、段々と歯は弱くなってしまっていたのです。本来は歯茎もケアするべきなのですが、そこへ気が向かなかったのです。他をケアしないでホワイトニングを掛け続けてしまったため、口内に負担がかかり、歯茎が弱ってしまっていて、冷たいものを口に入れると、強烈にしみてしまうので、困っています。また、ホワイトニングばかりでなく歯列の矯正もしておくべきでした。ホワイトニングは歯を綺麗にできる施術ですが、あくまで自前の歯にしか効果がないので注意してください。自分の歯を失って、差し歯やインプラントを使用しているという場合、そこにはホワイトニングは効かないということです。差し歯の部分だけが白くならずに取り残されていると、却って全体の印象が不自然になるかもしれません。とはいえ、同じタイミングで差し歯を取り換えるなど、色々な方法がありますから、歯医者さんに相談してみてくださいね。また、ホワイトニングと同時に歯科矯正も受けたい方は、ぜひ審美歯科の利用を検討してみてください。昔から歯並びの悪さがコンプレックスでしたから矯正治療をしたら、始めてすぐに身体のあちこちが不調になってしまいました。歯科矯正が原因だなんて、思ってもみないことでした。病院にいったところもともと、自分の歯の噛み合わせが特徴あるタイプだったそうで、矯正によって無理に歯並びを変えると肩こりや頭痛などの体調不良が引き起こされることがあるそうです。こうした話を歯医者が教えてくれていたらもっと慎重になったのに、歯医者の方からはそんな説明がありませんでした。歯科治療の意外な副作用として報告されることが多いのは、肩こりが歯科矯正で治ったという、一見すると冗談のような話なのです。歯の下には当然骨があり、頭骨に直結しています。首、そして肩までも歯並びの影響が出て、とうとう肩こりになってしまう場合があります。特に運動不足というわけでもないのに肩こりになっていて、恐らく歯並びが理由だろうと心当たりの方は、矯正歯科の看板を掲げたクリニックに行ってみれば、すんなり解決するかもしれませんよ。ホワイトニングで歯の色を綺麗にしても、肝心の歯並びが悪いままだと、良い印象を受けないのが現実ではないでしょうか。そのため、歯科矯正を考える人も多いわけですが、気になる治療費の額については、はっきりした相場は決まっていません。人それぞれの状況に応じて治療期間も異なりますから、なかなか費用が定まらないというのが難しい部分です。治療期間や手法は人それぞれに合ったものがあるので、事前に歯科医師に聞いておくことも必要でしょう。多くの方が怖れる、歯科矯正の痛み。それには、主に二種類、瞬間的な痛みと継続的な痛みがあります。より痛いのは瞬間的な痛みの方ですが、毎日続く痛みのほうはじわじわと精神を侵食してきます。歯を動かしていくたびに少しずつ生じる痛みや、使っている器具によっては、口の中の粘膜を傷付け、できた傷に飲み物が沁みたりして、常に何らの痛みはあるという状態です。一年以上も続くこの痛みに堪えなければ矯正はできませんから、根気や覚悟が続きそうにないという方には、あまり歯科矯正は推奨できないのです。実際に歯並びを良くするためにはどれほどの時間が必要になるのでしょうか。調べてみたのですが、矯正による治療方針と時間についてはそもそもの歯並び次第でかなり異なるそうです。何本の歯に歪みがあるのか、歪んだ歯をどれだけ矯正で元に戻せるのかといったことが矯正方法や治療期間を決めるうえで重要です。歯科矯正の基本的な流れは、虫歯があればそれを治療し、矯正方法を検討し、器具によって矯正を行い、それが完了した後は経過観察となるのが一般的です。計画を立てた段階で、おおよその今後の治療期間が分かると思います。多くの方がご存知のように、歯科矯正は歯並びの治療としてはごく一般的です。ですが、注意点もありますので、ぜひご一読ください。もともと定着していた歯並びを無理やり動かそうとしているわけですので、歯や歯茎、それを支えている骨にまで強いストレスを与えている状態になるわけです。口元を整えるために歯の痛みを我慢してでも中断はぜったいしない、などと決めつけて無理に続けることにならないように臨機応変に対応していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です