杉だけどさんちゃん

すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。その労働環境は厳しく、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死に至った看護師もいました。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、さらに看護師の需要は高まっており、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。正職員やパート、派遣といったように、看護師の働き方も色々ではありますが、そのほとんどはやはり、病院で勤務しています。けれど、看護師だからといって病院で働く必要はなく、病院の外でも、看護師の仕事は色々あります。職場となるのは、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。つまり看護師であれば、病院ではなくてもやる気があれば、仕事する場は多いので、ライフステージに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、それほどまでに難しい、というものでもないのです。看護師の養成を目的とした、専門の教育機関は看護専門学校や短大など、いくつかありますが、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。特に90年代の終わり頃でしょうか、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に広く考えらえていた節があります。しかしながら、昨今、看護師と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入るということを知る人は多くなってきています。何しろ看護師の給料といえば、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。そう、つまり看護師はかなりの高給を期待できる仕事なのです。看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、漢字で表現した場合、二通りで表すことができます。以前は男性のことを表すのは看護士、看護婦は女性と明確に分けられていました。法律が変更された2001年を境に、女性にも男性にも使うことができる看護師という呼び方に一元化しました。転職を希望する看護師の、その理由を聞いてみるといろいろな答えが返ってきます。働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、結果として、求人が大変多いわけです。今、働いている仕事場ではどう考えても給料が労働に見合わなかったり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。引く手あまたの看護師は就職しやすく、さらに転職に際しても簡単なことが多いです。転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、次の段階、すなわち面接に進むことができます。ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をすることになります。しかし、能力的なこと以外に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も観察されることになるはずです。実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所も相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。病院という場所で働く看護師は片時も気を抜くことはできないでしょうし、これが続くとどうしても多くの看護師はストレスに悩まされます。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、心にも大きな負担がかかるということになります。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知っているかどうかということは、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら大事な点になるでしょう。看護師と一般の労働者全般の平均収入を比較すると、平均年収という一点では明らかに看護師の方が多いです。医療に関わる職場においていつでも人手を求めている、という事情により、世の中の景気はどうあれ、データ的には年収にムラが出にくい、という点も、人気職である所以かもしれません。さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。私の勤め先は病院の事務です。普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、どの方もいつもせわしなく働かれています。夜勤でも働いている方は、家庭、特に育児もこなすことは並大抵のことではないだろうなと感じます。だけど私の想像以上に「うまくやられているんだな」と忘年会の時に感じました。お子さん同伴での看護師さんの参加が少なからずいらっしゃるんです。参加されていた先生方からも歓迎されていて和やかで楽しい会となりました。免許が必要な専門職である看護師は、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。きっかけが結婚や出産だったり一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、中には、自らの看護師スキルをさらに向上させる目的の転職を考える人もいます。転職の動機がスキルアップなら、具体的な志望動機を示さないと転職させてもらえないことだってあるかもしれません。もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など向学心をわかってもらえるような志望動機が期待されます。ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、もし容態が急に変わったら大事になりますし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も看護師が行います。緊急オペが行われることを急に知らされる、なんてこともよくあることですし、働いている人員が昼と比べてだいぶ少ない夜勤時間の間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、少々混乱してしまいそうなくらいに立ち働くことになります。例外もあるかもしれませんが、看護師として働いていると、もちろん辞めたくなることも少なからずあることと思います。仕事そのものの失敗のみならず患者さんとのトラブルなどもあるのです。ですが、それだけではなく、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと感じることももちろんあります。時に厳しく、時に優しい諸先輩方。周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。多くの方が看護師を続ける動機として外せない理由の一つに「給料が高い」ということがあります。新卒の給料を見ても同じくらいの歳の新入社員よりもより高い給与を得ていることが分るはずです。しかし、そうやって高いお金をもらって働くということは、自分の腕を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。なんといっても、看護師という職業は給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。だから、というわけではないかもしれませんが、ファッションに敏感な人が多いと思います。しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。病院によって違いますが、ほとんど休みのないこともあり、お金を使う時間がなく貯まるばかりといったケースもよくあるみたいです。給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最高でしょう。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、職場においての有用性、必要性は高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も24時間、病院に滞在することになります。そこで、日勤業務と夜勤業務に分けられて交代で勤務することになっています。こういった勤務形態ですから、生活リズムを上手にコントロールできなければ睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。看護師として、毎日激務をこなしているうちに、嫌なことや辛い目にあうことも多くなります。どこが一番楽のできる診療科か、ということを真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできると考えられている病棟は、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。しかしながら、医療機関の種類や、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになります。変則的な出勤があったり、休日診療の当番が回ってくることもありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。それから個人経営の病院で、入院施設のないところなら、多くの場合は土日祝日は休みをとれるでしょう。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、看護師をしている人の寿命がとても短い、というようなことはありません。けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。さて、看護師として長く働き続けると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自身の身体に関してもかなり深く理解できるようになるでしょう。学校を卒業したばかりの新人ですとか、他の病院から転職してきた看護師の場合、労働に見合うだけの残業手当が出ないという職場があるといいます。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、雇用された人の経験やスキルは関係なくはっきりと労基法に違反しているのです。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、こなした分はしっかり、対価をもらう権利があります。一口に看護師の仕事と言っても、病棟勤務か外来勤務かですることが全く違います。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。そうすることで、その技能を一番発揮できる職場配置となるはずです。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、ほぼ病棟勤務ということになるでしょう。就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実は意外と調整しやすいようになっています。どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、休暇を時間単位で取ることもできますから、育児と仕事の両立を図りつつ、それを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、ともあれ働き続けていられるということは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。病院で病棟勤務に就いている看護師なら2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いてもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると現場から医師や看護師も減ってしまいますし、そうやって人がいなくなった夜中に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二つの異なる点といえばなんでしょう。はっきりした違いは、医師は患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。それに対して、看護師は、医師に指示されたときに、診療の補助をして、患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。オン、オフの期間を調整できて、したい仕事を多くの中から選べるのが派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。仕事は、単発のものや短期のもの、もちろん長期の募集もあり、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、今現在、仕事を探している人は条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて仕事を探すと、選択肢がとても増えます。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、土日祝日がちゃんと休みになる場合が多いです。例外を除いて、夜勤ももちろんありません。忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、人気の医師のところなどでは、大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。職場にもよりますが、看護師の給料というのは、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、けっこう良い給料をもらうことができます。特殊な、医療現場という場所での労働ですし、多めの残業や夜勤への手当などが確実に支給されるからです。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり急な残業を断らず行なうというような看護師ですと、給料はもちろん、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。仲間同士でだけ意味の通じる業界用語、看護師の世界にもそれはたくさんあり、例として「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。食事をとってきます、と仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち普段から使用されているようです。このエッセンという言葉自体には、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、その影響です。何であれよく使われ、親しまれている用語です。一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料はどこで働いているかによって、大きく額が異なります。個人病院、大学病院、公立病院など勤め先はいろいろあります。退職時につく手当、退職金はどうかというと、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、納得のいく額が支払われることになるでしょう。一方、個人経営の病院になると、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。普通のサラリーマンやOLと違い、看護師の仕事時間は交代制で夜勤があります。休日や時間休も取れますが、それにしたって大変な仕事ではあるため、結婚や出産といった節目に辞めていく人がかなり多い、というのが問題となっています。特に子供ができるとそれこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えて復職を希望する人の例が少しずつ増え始めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です